Daddy's Garden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lotus Blossom 「泥より出でて泥に染まらず」

IMG_5822 (1)
taken on August 9 at 6:34


巨椋大島 (蓮)
学名 Nelumbo nucifera
英名 Lotus, Sacred water lotus
ハス科ハス属の水生多年草


IMG_5806 (1)

taken on August 8 at 18:12 


巨椋大島という美しいピンクの蓮を迎えました。
この蓮は京都花蓮研究会会長 故内田又夫氏が絶滅した蓮の種子を拾い集め
育成したまぼろしの京都の蓮のコレクションの品種です。

古くから景勝地として万葉の歌人や
多くの文人墨客に愛された巨椋池(おぐらいけ)は
明治から昭和初期までにほとんど干拓されて農地に変わり
当時京都府最大の湖沼(淡水池)はもう現在存在しません。
秀吉は治水を行い、この池の畔に伏見城を築城したほど
広大で自然が豊かな美しい巨椋池を愛していたそうです。
 


IMG_5810.jpg 


青いプラスチックのバケツの中に泥で植えこんで
水をたっぷり張っていましたが
車で持って帰るので、泥が流れないように水を捨ててもらい
何事もなく無事に家にたどり着きました。


IMG_5813 (1)
August 8 at 18:13

焼き締めの水連鉢に植え替えようと思っていますが
先住の水連や水草、メダカ達を移動させないといけないので
 暫くはこのままで楽しみます。
 

IMG_5818 (1)
taken on August 9 at 6:32

翌朝美しく咲いていました。
可愛いフェアリー(妖精)が欠伸をしながら起きてきそうですね・・・


 IMG_5820 (1)
taken on August 9 at 6:32

宗教との結び付きを意識するので
バラとは違った不思議な魅力があります。


IMG_5826.jpg
taken on August 9 at 6:35

大きな葉の下から二番目の蕾が出てきています。
 

IMG_5862 (1)
taken on August 9 at 6:49

しべの部分のクローズアップです。


IMG_5870 (1)
taken on August 9 at 6:51

小さな別の蕾が泥の中から上がって来ていますが
「蓮は泥より出でて泥に染まらず」という成句で
宗教的な清らかさや聖性の象徴を表しています。
 

IMG_5896 (1)
taken on August 9 at 9:25

2時間半くらい経つと花弁が開いてきました。


IMG_5911 (1)
taken on August 9 at 18:34

夕方にはまた花が閉じていました。
どうやら4日くらいは開いたり閉じたりを繰り返すようです。


IMG_5953 (1) 
taken on August 10 at 9:18

今朝7時くらいはまだ花びらが付いていましたが
9時過ぎにはもう散っていました。
散った花弁は本当に中華で使うレンゲ(散り蓮華)のようでした。

My Favorite Jazz
(右クリックで新しいウィンドウを開くと音楽を聴きながらブログをご覧頂けます)



Michael Frank   -   Lotus Blossom

 
ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/08/10(水) 11:35:08|
  2. My garden
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<The nearness of you | ホーム | Summertime>>

コメント

息をのむ美しさです

ukbeatです。

蓮、やっとこの美しさを理解できる歳になりました。

通勤で通る道に、蓮を育てている方がいらして
今ちょうど咲いているので、毎日じ~~~~っと
眺めてから、そのお宅の前を通りすぎます。

ずっと眺めていたくなる、そんなお花ですね。
それに、蓮といえば、仏教とかのイメージが強く
「静」のイメージがあります。


まれな蓮なんですね。
本当に美しいです!!!

蓮って育てるのが大変そうに見えるのですが
私だけでしょうか?

いつも水を張っている状態にするだけでも
至難の業のような? 違うのかもしれませんが・・
  1. 2011/08/10(水) 13:21:53 |
  2. URL |
  3. ukbeat #OLHiJ7es
  4. [ 編集]

同じタイミングで蓮の話題ですね!

とはいえ、私の画像とは全然違って
ほんとにきれいです!!

蓮って不思議ですよね・・
ずいぶん前ですが
鳥取で古代蓮を見たことがあります。
2000年前の遺跡から見つかったらしいのですが
それが咲くという・・・
こちらもとても珍しいものなのですね。

昔々にも同じように美しく咲いていたのですね。
  1. 2011/08/10(水) 13:56:35 |
  2. URL |
  3. tomida #-
  4. [ 編集]

ukbeat さんへ

私も以前から、蓮の花は気になっていました。
今まではご縁が無くそのままにしていましたが
産直市場で偶然見かけ、美しい蕾を付けていたので
思わず連れて帰ることとなりました。
古代蓮の白も綺麗でしたが、意外と値段が高く
新鮮な野菜や手作りパン等いろいろと買ったので持ち合わせが無くなり
また次回ご縁があれば迎えようと思いました。

通勤の途中で、蓮の美しい静かな佇まいを見ることが出来て良いですね!
やはり蓮は特に仏教ではある意味、象徴ですのでお線香のイメージはありますね。
あの世とこの世を取り持ち、浄化してくれる花ではないでしょうか・・・。

いつか古代蓮の代表的存在の大賀蓮を手に入れたいと思います。

暫くはこの巨椋大島で蓮を観察したり
育て方を勉強したいと思います。
  1. 2011/08/10(水) 15:03:17 |
  2. URL |
  3. fukuda #-
  4. [ 編集]

tomida さんへ

私もびっくりしました。 気が合いますね・・・
携帯とはいえ早朝の公園風景や蓮池の様子等大変上手く撮れていましたよ!!!

秋の能管のお稽古一般の人も聴きに行けますか?
蓮の実入りの朝粥食べてみたいですね・・・
蓮の実ってどんな味がするのですか?

早朝の蓮茶会はもちろんお着物でいらっしゃたのでしょうね・・・
蓮以上にお着物姿が素敵だったことでしょう!

各地の遺跡で縄文時代辺りの古代蓮の種が見つかって
育成に成功しているみたいですね。
ご縁があれば、縄文時代から蘇った大賀蓮や行田蓮などの
古代蓮を迎えて、いにしえの美しい想いに浸りたいと思います。

巨椋大島もやはり古い種を育成して売られているようです。
昔は今よりもっと美しく咲いて多くの人に愛されていたと思います。
  1. 2011/08/10(水) 15:07:32 |
  2. URL |
  3. fukuda #-
  4. [ 編集]

現を忘れる美しさです

kazzさんこんばんは。
蓮の美しさ、例えようがありませんね・・・
どのお写真も 蓮の美しさを余す事無く捉えられていると思います。
清らかで、しばし暑さも和らいだ心地がします。

万葉の人々も愛でた蓮・・・と思うと
感慨もひとしおですね。

蓮の花と言えば、バリやカンボジアなど
アジアを旅するとよく目にする気がします。
やはり信仰とも結びついている花だからでしょうか。
日本でも、もっと身近に楽しめる花になれば良いですね。
  1. 2011/08/11(木) 19:59:39 |
  2. URL |
  3. yumico #0MXaS1o.
  4. [ 編集]

yumico さんへ

蓮は以前から欲しかったのですが、車で持って帰るのが心配でしたし
花の時期が終わりかけていたり、なかなかご縁がありませんでした。

時々行く産直で、蕾が3個付いて葉もしっかりしているこの蓮を見つけました。
1個の蕾は既に早朝に咲いて、昼前でしたので花が閉じていましたが
閉じた姿もふっくらと美しかったので、今回はひと目惚れで思い切って連れて帰りました。
お店の人の説明では珍しい古代蓮の一種で、やや大き目の綺麗な花が咲くという事を聞いて
バケツに植えこんでいる泥はそのままに、水だけを全部抜いてもらって
車に積んで安全運転で帰りました。

東南アジアは湿地帯も多いので、蓮の美しいがたくさん咲く光景をよくご覧になるのでしょうね。
若い頃は信仰と結びついているため、お線香の雰囲気があって敬遠してたように思います。
年を重ねてくると、それはそれで良しとして、美しさを直下に見れるようになってきました。

蓮の花は3日間開いたり閉じたりして4日目に散るらしいです。
間もなく咲く二番目の蕾でその様子を観察したいと思います。

  1. 2011/08/11(木) 21:49:13 |
  2. URL |
  3. kazz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazzgarden.blog32.fc2.com/tb.php/558-8407d9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。