Daddy's Garden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二番花のバラ達 Vol.2 Bewitched

IMG_3144 (1)


Fruite フリュイテ
作出者 Meilland メイアン (仏) 
系統 Floribunda(FL) フロリバンダ
二番花 June 29


IMG_3213 (1) 


咲き進むと花弁を巻いて高芯剣弁になってきました。

 
IMG_3006 (1)


Jacques Cartier (ジャック  カルティエ)
ポートランド系オールドローズ
5月には一番花がたくさん咲きましたが
二番花が6月末からぽつぽつと咲き始めました。 
(taken on June 28)
 


IMG_3182 (1)


Pat Austin (English Rose)
パット オースチン (ER)
作出者 Pat Austin (英国)

暑さでパット オースチンらしい美しい花形が見られず
一気に咲き進んで、夕方にはくしゃっとなっていました。(July 2)



IMG_3306.jpg 
 

Nahema ナエマ (French Rose)  
作出者 Georges Delbard (France)
系統 Climbing Rose(つるバラ)

一番花が終わって6月初旬に40~50cmくらい切り戻しをしましたが
成長が著しく、まただいぶん伸びて6月末から二番花が咲き始めました。


IMG_3124 (1) 


ナエマの二番花が咲き始めて、良い香りが漂っています。(June 30)


IMG_3113.jpg


Pierre de Ronsard (CL)
bred by Marie Loise Mailland (France)
ピエール ド ロンサール (CL)
作出者 マリー・ルイーズ・メイアン
taken on June 30


IMG_3115 (1)


一季咲きのピエール ド ロンサールですが
毎年二番花が咲くようになりました。
今年は、蕾が50個くらいありそうです。


IMG_3321_20110706134517.jpg 

アーチの上でシュートが伸び放題です。
その先に蕾がたくさん付いています。


IMG_3203 (1) 

Heather Austin (English Rose)
ヘザー オースチン(ER)
作出者 David Austin (英国)
taken on July 2

一番花と比べると気温が高いので完全に開花します。


IMG_3312 (1)


 Dainty Bess (Hybrid Tea Rose)
デンティ ベス(HT)
作出者 W E B & D Archer (England)
taken on July 4

 波打つような一重のピンクの花弁で、香りが甘くスパイシーです。
今朝(7月4日)二番花が美しく咲いたところです。


IMG_3315 (1)


5月初旬に一番花が咲きましたが
二番花が咲くのに少し日数が掛かりました。(July 4)


IMG_3191 (1)


アガパンサス 
ユリ科アガパンサス属の常緑多年草
学名 Agapanthus africanus
英名 African lily
ギリシア語の愛(Agape)と花(Anthos)が名前の由来だそうです。

 
My Favorite Jazz

(右クリックで新しいウィンドウを開くと音楽を聴きながらブログをご覧頂けます)

Dave Valetin & Herbie Mann  -  Old Hill (Morro Velho)

LAURA FYGI  -  Bewitched

Ian Boyter  -  Tenor Sax Jazz Improvisation


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/07/04(月) 21:48:19|
  2. Roses in 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<二番花のバラVol. 3 | ホーム | Lovely roses in the summer breeze>>

コメント

美しい~~~

ukbeatです。

フリュイテ、お色も鮮やかで美しいっ!
オフィスで声をあげてしまいそうです。

ジャック・カルティエ・・・我が家も咲いていますが
こんなに美しくはないのです。。。こんなお顔に
なるように、育てていきたいです。
でも、ムスクの香りはムンムンで、毎朝幸せな
時間を過ごしています。

パット、マンゴオレンジの色で元気が出ますが
すぐしおれてしまいますね。。。
夏場は咲かせるのが、かわいそうなぐらいですが
蕾があがりますね。

返り咲きするピエール、蕾が50個!?@0@
うらやましいです。。。我が家は、、、10個あるかないか。
1年目ですので、来年に期待。。。

アガパンサス、よく目にするようになりました。
この子は夏場にしか咲かないのでしょうか?


ナエマ! やはり切り戻し効果があるわけですね。
今年初めてばっさり切りまして、平らに誘引したら
初めてシュートがびゅんびゅん出ました。
やはり、皆さんの様子を勉強することは大事なんですね。

kazzさまはさらに美しく咲かせていらっしゃるので
本当にすばらしいです。
  1. 2011/07/05(火) 11:35:12 |
  2. URL |
  3. ukbeat #OLHiJ7es
  4. [ 編集]

ukbeat さんへ

フリュイテの朱赤は鮮やかです。
二番花は少し小ぶりに咲きました。
咲き進んで大きくなると思っていましたが
暑さで花弁が巻いてしましました。
香りも良いので、秋の開花を楽しみします。

ジャック カルティエは5月にガートルード ジェキルと
板塀をピンクのたくさんの花で飾りました。
どちらも、その時にパワーを使い過ぎたのか
二番花はぱらぱらと咲いています。
でも新しいシュートはいくつか元気に伸びています。
早朝に漂うバラの香りは癒されますね。

夏のパット オースチンは強い日差しに当たると
本当にすぐにしおれていますね。

一季咲きのはずのピエールがたくさん蕾を付けて
二番花が咲いていますが、
小振りだし、雨で傷んで今のところあまり綺麗ではありません。
ピエールは3株違う場所に植えていますが
やはり日当たりの一番良い場所の株の成長が素晴らしいです!
後の2株は二番花の蕾は見当たらないです。

アガパンサスの開花は6月~9月のようです。
水色の花はこの時季に咲くと涼やかです。
  1. 2011/07/05(火) 20:19:58 |
  2. URL |
  3. kazz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazzgarden.blog32.fc2.com/tb.php/529-5898b09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。