Daddy's Garden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Francis Dubreil Rose (Tea rose)






Francis Dubreuil (Tea rose)

フランシス デュブリュイ

作出者Francis Dubreuil (フランス)

四季咲きのオールドローズ ダマスク香(強香)










冬の開花と違ってスムーズに咲き進みました。

美しいダークレッドの花形と品の良い香りにため息をつきます。

昨秋、このバラを迎えて大正解でした。

ピンク系のバラが多い私の庭に素晴らしいアクセントとなりました。









咲き進むとロゼットぽくなる花もありました。










ホスタやグランドカバーのグレコマにも大変良くマッチしています。

今年は、赤系のバラを少し迎えようと思います。


ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

IMG_4268abl.jpg 

(ブログ村バラ園芸) 

最新の画像はflickrのサイトでご覧頂けます。

 Kazz photostream flickr

  1. 2010/05/21(金) 14:46:05|
  2. Francis Dubreil Rose (T)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Claire Austin (ER) | ホーム | 朝日のようにさわやかに(Softly, as in a Morning Sunrise)>>

コメント

★kazzさん

こんにちは~♪
フランシスデュブリュイ・・素晴らしい色のバラですね!!
香りがこちらにも伝わってくるような気がします。
四季咲きと言うことなのでまた楽しめるんですね?

お庭の緑の中でぱっと目を引きますよね~!
それにしてもkazzさんの写真はいつ見ても素敵でため息ものです(^^)

  1. 2010/05/23(日) 16:32:30 |
  2. URL |
  3. naa #-
  4. [ 編集]

naaさんへ

こんばんは
フランシス デュブリュイは昨秋、GARDENSさんで小山内健さん(テレビチャンピオンのバラ王)の
バラの講習会の後、赤黒いバラが欲しくてカタログで見ていた時、小山内さんにアドバイスを頂き
秋苗を購入しました。
狭い庭で植える場所があまりないのですが
板塀に誘引しているピンクのガートルード ジキル(ER)とジャック カルティエ(OR)の前に
何とかスペースを確保しました。
これらのピンクのバラとの相性も良いですよ。
もちろん、ホスタやグランドカバーの緑の中で渋い赤がアクセントとなります。

まだ花は咲いていますが、 1~2ヵ月後には、また2番花が楽しめると思います。
  1. 2010/05/23(日) 21:43:32 |
  2. URL |
  3. kazz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazzgarden.blog32.fc2.com/tb.php/365-77deeb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。