Daddy's Garden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Princess Alexandra of Kent (ER)

IMG_8866.jpg

 

 

Princess Alexandra of Kent (English Rose)

プリンセス アレキサンドラ オブ ケント (ER)

作出者 David Austin (英国)

系統 シュラブ 返り咲き

 

 

IMG_8709ab.jpg   

 

 IMG_8708s_20090607113805.jpg

 

 

Daddy's Gardenではニューカマーのイングリッシュローズです。

カタログを見て是非育ててみたかったERの1つでした。

咲き始めはこじんまりとしていました。

 

 

IMG_8760a.jpg  

 

 

翌朝には見違えるほど綺麗なカップ咲きに咲いていました。

朝日に当たって温度が上がり、どんどん咲き進んでいきます。

 

 

IMG_8814a.jpg  

 

 

名前の由来はエリザベス女王(二世)のいとこで

庭に関して造詣が深く、バラの愛好家であった

アレキサンドラ妃に因んで付けられたそうです。

 

 

IMG_8833a.jpg   

 

 

その日の夕方には、咲き進んでロゼット咲きになって

 大輪でゴージャスな雰囲気になっていました。

 

 

IMG_8852a.jpg  

 

ティー系でフルーティな香りがしますが

香りの表現は難しいのでカタログを引用すると

ティー系の香りなのですが、咲き進むごとに

レモンの香りにかわってゆきます。

クロフサグスリの香りも軽く乗ると書いてありました。

クロフサグスリとはblack currantのことでした。

ワインもそうですが味や香りの表現が抽象的であったり

知らないものに例えられると、理解が出来なくなりますね。

 

ご覧頂きまして有難うございます。

ブログランキングに参加中ですので

ワンクリックして頂ければ幸いです。

 にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 

 

  1. 2009/06/07(日) 11:16:20|
  2. P. Alexa. of Kent(ER)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Passion Flower (トケイソウ) | ホーム | Nahema (CL)>>

コメント

こんにちは。

私は語彙が乏しくもどかしくてたまりません笑。
本当に香りの表現は難しく困ってしまいます。
「ミルラの香」の説明を読んでも全然想像ができず・・、
今朝、ついに我が家のディスタントドラムスが咲きましたが
結局「ミルラ香」はわかりませんでした。
帰ったらまた嗅いでみようかと思ってます。笑
  1. 2009/06/08(月) 14:21:20 |
  2. URL |
  3. cocomo #-
  4. [ 編集]

cocomo さんへ

ディスタント ドラムスが咲いたそうですね。 おめでとうございます。 
ディスタント ドラムスの七変化を楽しんで下さい。

私も以前、「ミルラの香」がどんな匂いか分からずにネットでいろいろ調べた事があります。 
調香師が側にいてこれが「ミルラの香」ですよと教えてくれればいいのですが・・・
庭にあるバラの中でミルラの香りを持つバラ(シャリファアスマ、グラミスキャッスル
ヘリティージ・・・など)を匂った結果、私なりに香りの音階(高中低)を定め
ミルラ香はティーの甘い中域の香りとはまったく違ってスパイシーでつ~んとシャープな感じ
high note(高域の香り)と認識しています。
今日、ノウゼンカズラの根っ子を引っこ抜いた時、似たような匂いがしました。
  1. 2009/06/08(月) 22:00:12 |
  2. URL |
  3. kazz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazzgarden.blog32.fc2.com/tb.php/257-e54690ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。