Daddy's Garden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Astrantia

IMG_0391 (1)
 

学名  Astrantia major
英名 Great masterwort
セリ科アストランティア属の多年草

Astrantia major 'Snow star'
アストランティア 'スノー スター'
名前の通りがく弁が雪のように白いアストランティアです。
カメラの焦点のポイントを変えることによっていろいろな表情を楽しめます。
まるで、宝石や万華鏡のようです。


IMG_0457 (1) 

IMG_0450 (1) 

IMG_0432 (1) 




IMG_0394 (1)


Astrantia major 'Venice'
アストランティア 'ヴェニス'
がく弁がローズピンクの鮮やかで可愛らしいアストランティアです。
焦点ポイントを変えると、ぼけた雰囲気が好きで炸裂する花火のようです。


IMG_0404 (1) 

IMG_0406 (1) 

IMG_0409 (1)

IMG_0398 (1)


Astratia major 'Super star'
アストランティア 'スーパー スター'
がく弁の色が白にピンクとグリーンが魅力的です。


IMG_0403 (1)

IMG_0401 (1)

IMG_0830 (1) 



IMG_0472 (1)


耐寒性の多年草なのに、今年も芽が出てこなかったので購入しました。
夏の暑さに弱いのでしょうか・・・?
さて今年はどこに植えようかな・・・
因みに花言葉は愛の渇きだそうです。
早いもので5月も今日で終わり、明日から6月です。
来月もどうぞ宜しくお願いします。

My Favorite Jazz

Sade  -  Is it a crime

Patti Austin - In My Life 

Matthew Stone -  You don’t know what love is



ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr
       

スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 23:11:30|
  2. Astrantia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Nahema (CL)

IMG_0202 (1)


Nahema ナエマ (French Rose)  
作出者 Georges Delbard (France)
系統 Climbing Rose(つるバラ) 四季咲き

今年も順調にナエマの一番花がたくさん咲きました。
GUERLAN(ゲラン)の香水、NAHEMA(ナエマ)から命名されたこのバラは
甘いフルーティーな香りにシトロネール(柑橘系)が混ざった良い香りがします。


IMG_9815 (1) 


ディープカップの中にたくさんの花弁がぎっしり詰まっています。


IMG_8131.jpg



咲き進んで開ききって、ナエマらしくないですね。


IMG_0210.jpg


ソフトピンクの花が房咲きで楽しめます。 


IMG_9822 (1)


左側はアーチから垂れさがるピエール ド ロンサール
 

IMG_9832 (1)


冬に短く剪定したのに背丈が2.5m以上伸びています。
花が上の方でたくさん咲いているので
強引ですが花がよく見えるように曲げました。


IMG_9833 (1)


写真を撮っていると芳醇な香りが漂ってきます。 


IMG_9835 (1)


バックに写るピエールは芳香が無いので
それを、カバーするためにも、近くに植えて良かったと思います。

 
IMG_0567 (1)


台風が接近中なので、あわててある程度咲き進んだナエマをカットしました。


IMG_0579 (1)


とりあえず、ジョウロに入れ水揚げをして
濡れた花を少し乾かして、花瓶に生けようと思います。

John ColtraneのNaima(ネイマ)という
美しい曲と語呂が似ているのでダブります。

My Favorie Jazz

John Coltrane - Naima

Eugene Portman  -  Pure Imagination

   Stevie Wonder  -  Ribbon In the Sky

ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/30(月) 00:39:42|
  2. Nahema (CL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

My lovely cats with Nahema (CL)

 IMG_0295 (1)


週末から週明けにかけて台風の影響で天候が荒れそうです。
つるバラのナエマをカットして、ガラスの瓶に挿して香りを楽しんでいると
いつものようにレオンがやって来て匂いを嗅いでゴロン。
これはシャッターチャンス、急いでカメラを持ってきてパチリ・・・


IMG_0313 (1)


だんだん眠くなってきたようで・・・

 
IMG_0314 (1)


「もう写真いいでしょう・・・シャッター音がうるさくて眠れないにゃ~ん」


IMG_0340 (1)


かまって欲しいのか今度はメルがやって来ました。


IMG_0385 (1)


「良い香り、私も綺麗に撮ってにゃ~」と得意のおすまし顔のメル


IMG_0368 (1)


「あ~あ、飽きてきて、なんだか眠くなってきたにゃ~」

  
IMG_0322 (1)


「おとうさん、まだ写真撮るんでしゅか」
「もういっぱい撮ったよにゃ~ん」


IMG_0331 (1)


「カメラを気にせずもう寝よ寝よ・・・でも、しつこいにゃ~」
「メルねえちゃん、明日何して遊ぶにゃん・・・・rrrrzzz」
                                                           Have a sweet dream...

IMG_0210.jpg 

Nahema (climbing rose) 
bred by Georges Delbard (France)


My Favorite Jazz

Sarah Vaughan - Lullaby of Birdland

Steely Dan - Aja

Gerry Mulligan - Night Lights


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr



  1. 2011/05/28(土) 22:11:27|
  2. Pets
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

English Heritage (English Rose)

IMG_7794 (1)


English Heritage (English rose)
bred by David Austin
今年も大好きなイングリッシュ ヘリテージ(ER)が
美しい花形(カップ咲き)で咲きました。(May 16)
花色は淡いピンクにアプリコットが少しかかります。
中央が濃く、外側にいくにしたがって白っぽくなります。


IMG_7788 (1)


 蕾もあちらこちらに付いて、たくさんの花を楽しめました。


IMG_8931 (1)


咲き始めは、ぎっしりと花弁が綺麗に並んでいるのが見えます。


IMG_7800_20110525205821.jpg


今年は背丈も伸びて上の方でも咲くようになりました。
 

IMG_8079 (1)

 

IMG_8808 (1)


細い枝ですが、下の方でも咲いています。


IMG_9181 (1)


EXILEのトレインみたいでしょ・・・・What a groovy!  Isn't it?

 
IMG_7796 (1) 


香りも上品で爽やかです。
David Austin Roseの説明書を引用させて頂きます。
「素晴らしい香りはミルラ香を基調に
フルーツ、蜂蜜、カーネーションの微香が混じります。」


IMG_7777.jpg
 

バックのピンクのバラはGertrude Jekyll(ER)とHeather Austin(ER)です。

My Favorite Jazz

Eddie Higgins Trio -  You must believe in spring

Yokokura Yutaka  -  Chuva

George Benson - Moody's Mood


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/25(水) 23:45:27|
  2. English Heritage (ER)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Jude The Obscure (English Rose)

IMG_8833 (1)


Jude The Obscure (English Rose)
ジュード ジ オブスキュア (ER) 
作出者 David Austin (英国)
シュラブ系 返り咲き

コロンとしたカップ咲きで
アプリコットがかったクリームイエローの花弁が魅力的です。


IMG_7587 (1)


2m以上背丈が伸びて上の方でも咲いています。
今年は昨年よりすこし遅れて5月14日から咲き始めました。


IMG_7748 (1)


ディープカップの花は開くのに時間がかかり
完全に開花しないで、このままの状態で散ることもあります。


IMG_9183 (1)


ここまで開くと安心です。
咲き進んで美しい花形が期待出来そうです。


IMG_9048.jpg


右の花はボーリング気味でしたが・・・


IMG_8828 (1)


陽がよく当たりだして、気温も上がり開花し始めました。


IMG_7752 (1)


パーゴラまであともう少し・・・
秋にはパーゴラの上に繁って欲しいです。


IMG_9184 (1)


David Austin Roseの説明書を引用すると
「非常に強い珍しい香りで、フルーティーな香りは
グアヴァと花の香を思わせる甘口の白ワインを思わせます。」
先日、いらっしゃったGARDENSの宮本さんもスタッフの方も家内も
このバラの香りを気に入っていました。
どうやら女性好みの香りなのでしょうね。


IMG_9435 (2) 


バードバスの中央部にJude The Obscure
その周りにJames Galway、一番外側にGertrude Jekyll
青い花はニゲラです。


IMG_9793.jpg 

パーゴラの下のアイアンの籠にはパンジーが咲いています。


My Favorite Jazz

Anita Baker  -  you bring me joy

Raul de Souza - Lament

Makoto Matsushita - Medley : I Know... ~ Love Was Really Gone


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  

  1. 2011/05/23(月) 20:45:16|
  2. Jude The Obscure (ER)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

藤娘 (Hybrid Tea rose)

IMG_6055 (1)


 Rose Fujimusume
Hybrid tea rose bred by Ken Osanai (Keihan Gardens, Japan)

藤娘(HT)
作出者 小山内健 1990年

今年も良い状態で藤娘が咲きました。
2年前にGARDENSさんのバラの講習会で
小山内健さんに勧めて頂いた青系のバラです。
Rose Fair in GARDENS market


IMG_5475 (1)


蕾がほころび始めて・・・


IMG_5770 (1)


高芯剣弁の雰囲気で咲き始めます。


IMG_5794.jpg


植木鉢に植えているので、雨が降ってくると移動できますが・・・


IMG_5816 (1)


このバラは花持ちが良く、花びらもしっかりして
多少の雨なら大丈夫みたいです。
水滴が付いた花の雰囲気が好きなので・・・


IMG_5883 (1)


少し濃い目の藤色と花びらの巻が魅力です。
内側に白いストライプ・・・・
香りは強香ですが爽やかです。


IMG_6066 (1)


咲き進んで全開して大輪になると花びらを外側に巻き込んでいきます。


IMG_7608 (1)

降ったり晴れたり・・・
「Come rain or come shine」を口ずさみたくなります。


追加画像です。
IMG_7096(1).jpg 



My Favorite Jazz

   Chris Bpotti  -  Here's That Rainy Day 

Danny Gokey  -  Come Rain or Come Shine

Donald Fagen  -  Maxine


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr
 

      

  1. 2011/05/23(月) 16:09:21|
  2. Fujimusume 藤娘(HT)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Rose Tea

IMG_9407 (1)


いつも大変お世話になっていますGARDENSさんの宮本さんから
国バラのお土産に、ガーデンデザイナーとして有名な吉谷桂子さんの
ローズティー(レッドローズ)とお洒落なポストカードを頂きました。


IMG_9365 (1)



まずレオンが興味津々・・・
「何、これ?」と直ぐに寄って来てチェックします。


IMG_9381 (1)


バラをGertrude JekyllからJude The Obscureに替えてセッティングすると
今度はメルがお気に入りの椅子に横たわって見つめていました。


IMG_9390 (1)


庭のバラを眺めながら頂くローズティーは
バラの香りで癒され贅沢な気分になります。

宮本さん、国バラの設営と撤収・・・自家用車で2往復お疲れ様でした。
素敵なお土産をどうも有難うございました。 
小さな庭ですが、これからも宜しくお願い致します。

My Favorie Jazz

Makoto Ozone ( 小曽根真 ) Trio - We're All Alone

The Jazzmasters  -  Heaven 

Eliane Elias  -  Tangerine

  ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr
 

  1. 2011/05/22(日) 16:55:27|
  2. foods
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Pierre de Ronsard (CL)

IMG_8103 (1)


Pierre de Ronsard (CL)
bred by Marie Loise Mailland (France)
ピエール ド ロンサール (CL)
作出者 マリー・ルイーズ・メイアン

待ちに待ったピエール ド ロンサールもたくさん花をつけています。
4月中旬、私の庭で一番最初に蕾が膨らんで開花寸前でボーリング・・・
なかなか開花せずヤキモキしましたが、5月に入って咲き始めました。
昨年はこのバラが私の庭の中で一番美しく咲いて
独断でMBR (Most Beautiful Rose)にしました。


IMG_3949 (1)


4月中旬に気温が下がったせいもあって
グロテスクなBull Head (ブル ヘッド)になりました。
蕾の中心部に緑のイソギンチャクのようなものが伸びて不気味でした。

原因として多肥、開花前の低温や高温
塩類濃度やCaの欠乏、強剪定・・・等だそうです。


IMG_5594 (1)


5月初旬、クリームホワイトの花弁に中心がほんのりとピンクに染まり
ピエールらしい開花が始まりました。


IMG_7842 (1) 


残念ながら、芳醇な香りはほとんどありませんが
この美しいバラは私の庭から決して外せないでしょう。
 

 IMG_5960 (2)


雨に濡れて俯きかげんのピエールもどことなく愛おしいです。

 
IMG_7839 (1) 


ボリュームがあって、優しい色のカップ咲きは心を癒し、リッチにしてくれます。


IMG_7841 (1)


昨年、GARDENSさんのところで購入したアイアンのトレリス4枚を利用して
プリンが庭に勝手に出ないように仕切り(フェンス)を作りました。
そのアイアンフェンスにピエールが絡んで
プリンの小屋側から見ると、なかなか良い雰囲気です。
ガーディがプリンのために花を飾っているのでしょうか・・・


IMG_6583_20110518212801.jpg


咲き進むと全体に淡いピンクになって、ロゼット咲きになります。
花弁もぎっしりとたくさん詰まっています。


IMG_8203 (1)


頭が重いので、アーチから垂れて花が良く見えます。  


IMG_8323.jpg


一季咲きですので、この時期に思いの丈だけ咲いて欲しいです。
まだまだ蕾がついているので、今月いっぱいは楽しめそうです。


IMG_8331 (1)


左にJubilee Celebration,  右上はFrancis Blaise, 右下はNicole


IMG_8269 (1)


GARDENSさんの創業10周年記念の冊子に私の庭を掲載して頂けるそうで
朝早く、庭の写真を撮りにいらっしゃるのでバードバスにバラを飾りました。
(ピエール ド ロンサール, 粉粧楼、オルレイヤ、ニゲラ)
この日は朝から暑かったので、9時過ぎにはもう花がぐったりしていました。
宮本さん、カメラマンの方、スタッフの方もお疲れ様でした。 

My Favorite Jazz

Joe Hisaishi  -  帰らざる日々

Ernestine Anderson  -  What a Diffrence a Day Made
                 (縁は異なもの)

This Masquerade - George Benson (1976)

Chet Baker Live (Belgium 1964)  -  Time After Time 
5月13日はChet Bakerの23回目の命日でした。
pray for the repose of Chet Baker.

    ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr
 


  1. 2011/05/19(木) 21:48:26|
  2. Pierre de Ronsard (CL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Matilda (FL)

IMG_5736 (1)


Matilda (floribunda rose)
bred by Alain A. Meilland (France)
マチルダ(フロリバンダ)
作出者 アラン メイアン (フランス)
昨年11月にはピンクの花弁でしたが, この色が本来の色でしょう。
オフホワイトに微かに淡いピンクが差しています


IMG_6372 (1)


咲き始めの淡いピンクの花弁の巻がキュートです。


IMG_6465 (1)


小ぶりの花ですが、花形も香りも清楚です。


IMG_5735 (1)


四角い素焼きの植木鉢に植えて
レンガ塀の前でいつもの記念写真。


IMG_5784 (1)


バガテル国際コンクール金賞受賞
バーデンバーデン国際コンクール金賞受賞
その他、多数受賞

コンパクトですが、花形、色、香りと三拍子揃ったバラですので
ベランダガーデンにも適していると思います。

My Favorite Jazz

Ryuichi Sakamoto  -  Energy Flow 

Rupert Holmes   -   Full Circle


 
DEXTER GORDON  -   DARN THAT DREAM


     ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)


flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/18(水) 20:18:06|
  2. Matilda (FL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Gertrude Jekyll (ER)

IMG_7340_20110516231336.jpg


朝の庭の様子です。
9時半頃にはもう日差しが強くなってきました。
板塀のガートルード ジキル(ER)もたくさん開花し始めました。


IMG_6959 (1)


Gertrude Jekyll (English Rose)
ガートルード ジェキル (ER)
作出者 David Austin (英国)


 IMG_6966 (1)


ピンクのシャローカップ(浅いカップ咲き)が可愛いです。


  IMG_6965 (1)


咲き進むとロゼット咲きになります。
オールドローズ系の香りを漂わせています。


IMG_6960 (1)


昨年は6月中旬にやっと一番花が咲きましたが
今年は順調に数多くの花が咲いています。


IMG_7295 (1)


今年は生育が良く、板塀の上の方まで枝が伸びて花を咲かせています。
また、両サイドにも伸びてカルティエやヘリテージの枝をクロスして咲いています。


IMG_7488 (1)


名前の由来は国の庭園デザイナーで、著述家でもあった
Gertrude Jekyll女史(1843-1932)に因んで名付けらたそうです。
「ジキル博士とハイド氏」とは関係ありません。



IMG_7424 (1)


ジギタリスもいつの間にか伸びてピンクの可愛い花が咲き始めました。


IMG_7742 (1) 


ジギタリス Digitalis
ゴマノハグサ科キツネノテブクロ属の二年草
学名 Digitalis purpurea
英名 Foxglove



IMG_6945 (3)

ホスタも葉が茂って大きくなってきました。
夕方になるにつれて庭の雰囲気も変わっていきます。

My Favorite Jazz

Marian Mcpartland  -  A Delicate Balance 

Jesse Belvin  -  Imagination
 
Art Blakey & the Jazz Messengers  -  Along Came Betty 

 ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

 




  1. 2011/05/17(火) 08:00:49|
  2. Gertrude Jekyll (ER)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Rhapsody in Blue (Shrub)

IMG_6564 (1)


Rhapsody In Blue (Shrub)
bred by Frank R. Cowlishaw (England)
昨秋、GARDENSさん主催の後藤みどりさんのバラの講習会の時に
注文して迎えたラプソディー イン ブルーです。
名前の由来はジョージ・ガーシュウィン(アメリカの作曲家)が
ジャズとクラシックを融合させた名曲「Rhapsody In Blue」に由ります。


IMG_7573 (1)


咲き始めた蕾の巻が可愛いです。


IMG_6312 (1)


ゆっくりと開き始めました。
このくらいの咲き具合も良い感じです。


IMG_6470.jpg


王立英国バラ会の芳香賞であるエドランド・メダルを受賞
王立英国バラ会で金賞受賞
ベルファスト・インターナショナル・ローゼン・ガーデンでRJフリゼール・メモリアル賞受賞


IMG_6476 (1)


花持ちはあまり良い方ではないですが
フロリバンダらしく花はよく咲きます。
また、四季咲きですので長く楽しめます。


IMG_7619 (2)


小ぶりの濃い赤紫の花弁に金色のしべとのコントラストが気に入りました。
ほんのり甘くスパイシーな良い香りが漂います。


IMG_6570 (1)


板塀のアイスバーグの下に空間があるので
地植えしてミニつるバラのように上に這わしてみようかなと思います。


IMG_6827 (1)       


板塀(中央)のアイスバーグはだいぶん回復して
今年は花が十数輪咲いています。

レンガ塀の後ろのフランシスブレイズやナエマ(奥)は
冬に短く剪定したのにもう2m近く達しています。

左下のスモークツリーは日々大きくなっています。

植木鉢のバラは左からラプソディーインブルー、ニコル
ディスタントドラムス 粉粧楼、マチルダ、葵


IMG_7648 (1)


今朝(5月15日)、朝日が射してきた時の画像です。
しばらく良い天気が続くそうなので来週はバラが一斉に咲いて
写真を撮ったり、花殻摘みで忙しくなりそうです。

My Favorite Jazz

6 Jazz Pianists  -   Rhapsody in Blue (long version about 27m)

Herbie Hancock & Lang Lang  -  Rhapsody in Blue 


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/15(日) 11:54:39|
  2. Rhapsody in Blue (S)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

When Sunny gets blue

IMG_6496 (1)


Abraham Darby  (English Roses)
 Bred By David Austin  (England)

アブラハム ダービー (ER)
作出者 デビッドオースチン (英国)

今年もアブラハム ダービーの一番花が美しく咲いてくれました。
北側のヤードに地植えしていますが
昨秋もう一株 植木鉢に植えてメインガーデンに迎えました。


IMG_6033 (1)


最初に北側のヤードに植えている方が咲き始めました。
美しい花形を期待出来そうでしたが・・・


IMG_6280 (1)


翌日は朝から雨・・・
この日のために冬の寒い時期、剪定や土壌改良などの作業したのに・・・
あ~あ・・・ ♪ When Sunny Gets Blue ♪の歌詞が
piter pater piter pater と脳裏に過りました。


IMG_6330 (1)


美しく咲き進んで行ってほしいのですが・・・


IMG_6354.jpg


ゴージャスなロゼット咲きを期待していますが
雨で花びらかなり濡れてしまいました。


IMG_6497 (1)


一日遅れても、植木鉢のアブラハム ダービーも開花しました。

 
IMG_6446_20110513202725.jpg


こちらはかなり良い感じにロゼット咲きになっています。


IMG_6594_20110513203934.jpg
 

雨がしばらく降り続きそうなので
カットして花瓶で楽しもうと思っていたら
網戸越しにレオンが恨めしそうな顔で雨空を見上げていました。


IMG_6710 (1)


 少し大きめのゴブレットにルルージュ エ ノワール(赤バラ)と
一緒に生けているとメルがやってきました。

     
IMG_6732 (1)


フルーティで芳醇な香りがキッチンに漂い
明るい雰囲気になりました。

第13回 国際バラとガーデニングショウが西武ドームで開催中ですが
GARDENSさんが参加したチームeuro garden projectが
ガーデン部門のコンテストで見事に優秀賞を受賞しました。
 
My Favorite Jazz

Kenny Rankin  -  When Sunny Gets Blue

Sonny Criss  -  The Isle Of Celia

Chick Corea & Gary Burton  -  Crystal Silence



ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/13(金) 22:54:06|
  2. Abraham Darby (ER)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

こころほつまなるはなさくみよ Hotsuma Rose (HT) 2011

IMG_6116 (1)


ホツマローズ (HT)
Love Notesのリーダーで、ジャズトランペッターのヒロ川島さんが命名したバラです。
不思議なご縁で、ヒロ川島さんから昨年の春に2株頂きました。
2株とも無事に育って、今年もそれぞれの一番花が美しく咲きました。

ホツマという美しい響きの言葉は2000年程前のヲシデという神代文字で書かれた
古代日本の古文書「ホツマツタエ」に使われています。
その意味は 「まことの中のまこと」だそうです。


IMG_5180 (1)
  

5月に入って蕾がだいぶん膨らんできました。(5月3日)
 

IMG_5568 (1) 


時間をかけて、順調に膨らんできました。(5月7日)
 

IMG_5715 (1) 


 徐々にゆっくりと開花し始めました。(5月8日午前7時頃)


IMG_5799 (1) 


2時間後、中心部に淡い藤紫の巻を覗かせています。


IMG_5840 (1)


別の蕾もふっくらとして、だいぶん開いてきています。


IMG_5904 (1) 


夕方には、花形が良い感じで咲き進んでいました。(5月8日午後6時頃)
(スリット鉢に植えた方は蕾が2個)


IMG_5919 (1) 


レンガ塀の前で記念写真・・・
素焼きの植木鉢に植えた方には蕾が3つ付いています。


IMG_5700 (1) 


ヒロ川島さんの闊達な手書きの木製ネームプレート


IMG_5923.jpg

 

IMG_6093 (2) 



淡い藤紫色のソフトな花弁とブルー系の上品で芳醇な香り(ダマスクとティー)が魅力です。
名花の清澄(小野寺透作出1979年)が交配親で
その素晴らしい青系芳香の遺伝子を受け継いでいます


IMG_6141 (1)


植木鉢に植えているので 、移動してホスタとコラボ・・・(5月9日夕方)


IMG_6151 (1)


ヒューケラとコラボ・・・


IMG_6158 (1) 


マクロレンズで超クローズアップの写真を撮っている最中も
ブルー系の良い香りが漂います。
とにかく、ブルー系の香りは深く神秘的です。


IMG_6185.jpg


近い将来、ヒロ川島さんからお譲りして頂いたこのバラの
株分けが出来るようになれば、ご縁のある方にお分けして
ホツマローズの良い繋がりが出来ればと思っています。
Love NotesのWebsiteは Love Notes
ヒロ川島さんのBlogは "Spiritual Notes" by Hiro Kawashima

My Favorite Jazz
Love Notesのオリジナル曲の「All as One」で「ホツマツタエ」の一節を歌っています。
「こころほつまなる花咲く美世」
『調和した心が、ほつま(本当の誠) になるとき
花の咲く美しい世の春がきっと来る』という意味だそうです。

Love Notes  -  All As One

THE STORY OF LOVE NOTES (Short Version)


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/12(木) 10:05:05|
  2. Hotsuma rose (HT)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「赤と黒」 Le Rouge et Le Noir (HT)

IMG_6080 (1)


 Le Rouge et Le Noir (French rose)
hybrid tea rose bred by Geroges Delbard (France)

私の好きなル ルージュ エ ノワール(HT)が咲きました。
赤黒系のバラの中では赤が強い方ですが品が有り
美しい花形と花びらの巻に惹かれます。


IMG_6014 (1) 



ル ルージュ エ ノワール(HT)
デルバール(France)

スタンダールの小説のタイトル「Le Rouge et Le Noir」「赤と黒」が名前の由来



IMG_5854 (1)


花弁に黒い筋がみえますが
深紅のベルベットのような花弁に微かに黒が混ざり
それが、このバラの美しさの秘密でしょうね。


IMG_6084 (1)


レンガ塀に赤いバラと緑の葉がよく合います。


IMG_6075 (1)


陽射しが当たると鮮やかな赤になります。
咲き進むと大輪になります。

 
IMG_6165 (1)


甘いバニラのような香りもこのバラの魅力です。


IMG_6174 (1)


朝から雨が降ったり止んだり
バラの庭を赤い金魚が泳いでいるように見えませんか?


IMG_6295 (1)

たくさん雨の水滴が付いて、まるで赤い金魚・・・・

今日はガーディ(ビーグル オス 享年12歳)の命日です。
いつも一緒にいた2歳下のプリン(ビーグル メス)も
寂しさから立ち直り今年で13歳になります。
庭で線香を立て、水と好物だったササミジャーキやフードを供えました。

早いものであれからもう3年が経ちます。
私達にとってこの庭を造る切っ掛けとなった大きな出来事でした。
Love forever... Gardy


追加画像

IMG_6750 (1)

最終まで咲き進むと こんなに大きくなります。
因みに左はアブラハム ダービー(ER)です。 


My Favorite Jazz

Michael Franks- Rainy Night in Tokyo

Dexter Gordon Quartet - Cry Me a River

Yuriko Nakamura  - Twilight Winds



ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr


  1. 2011/05/10(火) 23:17:28|
  2. Le Rouge et Le Noir(HT)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Distant Drums (FL)

IMG_5680 (1)


2,3日前、夜通し雨が振りましたが、朝になると雨も上がって
庭に出ると蒸し暑く、前日とは違って陽射しが眩しく感じました。
眠気眼に一番に入ってきたのが、ディスタント ドラムスの見事な開花でした。
このバラは一昨年、私の庭でもっとも美しく咲き
2009年度のMBR(Most Beautiful Rose)にしました。
http://kazzgarden.blog32.fc2.com/blog-entry-352.html


IMG_5459 (1)


蕾の外側は赤で内側はオレンジ


IMG_5728 (1)


この時季に強い雨は心配ですが
しっかりとした蕾ですので無事に開花しそうです。


IMG_5726 (1)


キュートな花形に 開花し始めました。
やはり内側の花弁はオレンジ色です。


IMG_5724.jpg


昨年までは10号のスリット鉢に植えていましたが
今年の二月に素焼きの植木鉢に植え替えました。 


IMG_5678 (1)


Distant Drums  ディスタント ドラムス(FL)
作出者 グリフィス J Buck (アメリカ) 系統 shrab 四季咲き 微香
September Song (Dr. Griffith J. Buck ) × The Yeoman (shrub, David Austin)


IMG_5720 (1)


一番外側の花弁は赤みが残っています。


IMG_5935 (1)


夕方になると色が全体に薄くなって来きました。


IMG_5934 (1)


淡いベージュピンクに色が変化して
朝の色が想像つかないほど全然違います。


IMG_6010 (1)


翌朝には、少しピンクがグラデーションぽく浮き上がってきました。


IMG_6016 (1)  
   
四季咲きですので、冬まで繰り返し
よく咲いてくれるでしょう。
今年もどんな七変化をするか楽しみです。


My Favorite Jazz

Eliane Elias  -  Photograph

Bill Evans Trio - Israel

Kenny Rankin - You'd Be So Nice To Come Home To

ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

IMG_4268abl.jpg 

(ブログ村バラ園芸) 

最新の画像はflickrのサイトでご覧頂けます。

 Kazz photostream flickr


  1. 2011/05/09(月) 23:59:11|
  2. Distant Drums (FL) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

On Mother's Day

IMG_5024 (1)


今日は、母の日です。
母は、プレゼントはいらないと言っていましたが
花屋さんで可愛らしく珍しそうなアジサイがあったので
2種類プレゼントしました。

ピンクのダンスパーティーと迷いましたが
墨田の花火を青くしたようなダンスパーティーにしました。
青いグラデーションと緑が涼やかです。


IMG_5025 (1)


もう一つはグリーンシャドウ 

ユニークな大輪玉咲きアジサイで
花弁がグリーンに変化していくそうです。
ユキノシタ科アジサイ属
学名 Hydragea macrophylla 'Green Shadow'

今日は朝から蒸し暑く、植木鉢のバラ達が一斉に咲き始めました。
バラの記事にしたかっのですが
庭に咲く花の写真が溜まっていますので覧ください。



 IMG_4835 (1)



ナガミヒナゲシが今年も咲いています。
オレンジの可愛らしい花ですが雑草です。
最初どうやってここに来たのでしょうか?
おそらく鳥の糞に種が混ざって
ここに根付いたのだと思います・・・・


IMG_4830 (1)


母が植えたコバンソウも今年はあちらこちらから生えています。。


IMG_5408 (1)


八重のミニオダマキ(青)
小さい花ですがたくさん花びらがついています。


IMG_5405 (1)


朝日の中で爽やかに咲いて・・・・


IMG_5636 (1)


八重のミニオダマキ(ピンク)
花弁がミルフィーユのようにいくつも重なっています。


IMG_540181(1).jpg


青もピンクも俯きかげんに咲いています



IMG_5411 (1)


ヤグルマソウとも呼んでいますが、正確にはヤグルマギク(矢車菊)です。
 (キク科ヤグルマギク属 学名 Centaurea
本当のヤグルマソウはユキノシタ科でアスチルべのような白い花が咲きます。


IMG_5412 (1)


真ん丸のタンポポの種(綿毛)です。
フゥーとしたくなりますね


IMG_5400 (1)


ワイルドストロベリーの実が赤くなってきました。
そのまま食べても美味しいですが、ジャムにしてもいいです。
でも、この小さな可愛いストロベリーはプリンの大好物です。
おそらく、もう彼女が食べてしまっているかもしれません。


IMG_5328.jpg


さて、この花は何でしょうか?


IMG_5255.jpg


答えはスモークツリー(グレース)の花です。
私の庭には銅葉と緑の葉の二種類のスモークツリーを植木鉢に植えています。
まもなくすると、花序全体がもやもやして煙のように見えます。


My favorite Jazz

Dave Valentin      Sea Pines 

Lee Ritenour & Brian Bromberg      Stolen Moments 

Lou Rawls        Lovers Holiday

ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

IMG_4268abl.jpg 

(ブログ村バラ園芸) 

最新の画像はflickrのサイトでご覧頂けます。

 Kazz photostream flickr


  1. 2011/05/08(日) 16:24:59|
  2. My garden
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

One of favorite dark red roses (Francis Bubreuil)

IMG_5393 (1)


Francis Dubreuil (Tea rose)
フランシス デュブリュイ
作出者Francis Dubreuil (フランス)
四季咲きのオールドローズ 
ダマスク香(強香)

赤黒系バラの中でも大変気に入っている
フランシス デュブリュイが今年も美しく咲いています。


IMG_5320_20110507001214.jpg


5月5日(午前9時頃)はまだ蕾の状態でした。
ルイ14世と比べると赤みがあります。
横の蕾はクレマチスの白雪姫です。


IMG_5355 (1)


5月6日(午前8時頃)には徐々に開花し始めていました。


IMG_5364 (1) 

IMG_5366 (1)

IMG_5425 (1)


5月6日(午前9時頃)、だいぶん咲き進んできました。
芳醇なダマスクの良い香が漂っています。


IMG_5437 (1)


私の庭をデザイン・施工して頂いたGARDENSさんのblogに
フランシス デュブリュイの花弁を入れたワインの事を記事にされていました。
バラのジュース、お茶やジャムは飲んだり食べたことがありますが
ワインもいつか試してみたいと思います。

因みに、GARDENSさんは「国際バラとガーデニングショウ」の設営のために
所沢(西武ドーム)へいらっしゃるそうです。
近ければ私も行きたいのですが・・・・


IMG_5448 (1)


このくらいの咲き具合がこのバラにとって一番の見ごろでしょう・・・・
蕾もまだ数個上がってきているので、しばらく楽しめます。


IMG_5570 (1) 

5月7日、ホスタの葉が大きく茂ってきて初夏の様相です。
黒いチューリップ(Black Carm)もまだ咲いています。
その間からフランシス デュブリュイの蕾が幾つか出てきて
緑のグラデーションをバックにダーク系のコラボも楽しみです。

My Favorite Jazz

Satoshi Takebe     僕らの音楽テーマ

Yuji ohno   Rose Tatto

Freddie Hubbard      Moment to Moment


ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

IMG_4268abl.jpg 

(ブログ村バラ園芸) 

最新の画像はflickrのサイトでご覧頂けます。

 Kazz photostream flickr

  1. 2011/05/07(土) 10:58:31|
  2. Francis Dubreil Rose (T)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Louis XIV (OR) ルイ14世(オールドローズ)

IMG_4720 (1)


 LouisXIV (ルイ14世)
作出国 フランス  作出者 Guillot et Fils
作出年 1859年  系統 チャイナ
ハイブリッド・パーペチュアル・ローズ (HP) 

今春の熾烈な一番咲きレースを制したのは
4月30日に咲いたルイ14世でした。


IMG_5582.jpg 


ルイ14世の蕾はかなり黒いです。


IMG_5166 (1)


ギヨ(フランス)が作出したチャイナ系のオールドローズで濃い赤黒のバラです。


IMG_5193 (1)


早朝、庭に陽射しがない時は、かなり黒くシックです。


IMG_5217 (1)


夕方には、もう咲き進んでしました。
こじんまりとしたバラですが、香りは芳醇です。
フランシス デュブリュイに似た雰囲気があります。
近くに植えているデュブリュイの蕾もだいぶん赤くなってきましたが
蕾を色を比べるとルイ14世の方がより黒いです。


IMG_5201 (1)


夕方、曇っていたのでフラッシュを使いました。
ビロードのような花弁は美しいです。


IMG_5238 (1)     


俯きかげんに咲いて、香りを漂わせていました。
花持ちはあまり良さそうではないです。
四季咲きですので、秋まで楽しめます。


IMG_5282 (1)


3つ付いた蕾のうちの2番目に咲いたXIV14です。

5月5日は次男(21歳)の誕生日で
家内が送ったバースデープレゼントの礼のメールが来ていました。
いつまでも、母親は息子に甘いですね・・・・

My Favorite Jazz

Johnny Hartman     Fools Rush In

Diana Panton    So Many Stars

Oliver Nelson     Stolen Moments


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg

(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/05(木) 12:05:18|
  2. Louis XIV (OR)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

James Galway (ER)

IMG_5239 (1)


ピエール、カルティエ、ルイ14世の三つ巴の一番咲きレースにまぎれて
いつの間にか、ジェームス ギャルウェイが美しく咲き進んできました。


IMG_5049 (1)



5月2日、まだ咲き始めたばかりでこじんまりとしていました。


 IMG_5070 (1)


他の蕾も膨らみ始めています。


IMG_5072 (1)


板塀に誘引していますが、先日の強い雨風で
伸びた何本かの枝が前に垂れています。
 

IMG_5161.jpg


5月3日、シャローカップのロゼット咲きで
たくさんの花弁がぎっしりと詰まっています。


 IMG_5122(1).jpg


昨年はゴージャスに咲きましたが
今年も蕾がたくさん出ているので期待が出来そうです。


IMG_5241 (1)

 5月4日朝、完全に開きました。

James Galway (English Rose)
ジェームス ギャルウェイ (ER)
 作出者 David Austin (英国)

有名なフルート奏者、ジェームス・ギャルウェイ(James Galway)の
60歳の誕生日を祝って名づけられたそうです。
James Galway     Hamabe No Uta


My Favorite Jazz

James Galway     Danny Boy

JAMES GALWAY      CARUSO ROMANTIC FLUTE 

Bobby Caldwell      I'll Be Around 

 
ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg

(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr


  1. 2011/05/04(水) 21:32:52|
  2. James Galway (ER)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Prologue of the roses blooming in my garden

IMG_4997 (1)


待ちに待ったバラの季節のプロローグです。
今年はPierre de Ronsad(CL), Jacques Cartier(OR),
Louis XIV(OR), James Galway(ER)の四種類のバラがほぼ同時に咲きました。
いつも最初に咲くDistant Drums(FL)は今年はまだ開花が先のようです。

まずは、オールドローズのジャック カルティエの開花の様子です。


IMG_4407_20110503204310.jpg


4月末に濃いピンクに色づいた蕾を見つけました。
美しい花形が期待出来そうな元気な蕾でした。


IMG_4785 (1) 


4月30日に優しい雰囲気で開き始めました。 


IMG_5034 (1) 

5月2日、咲き進むに連れて色が淡くなってきました。
近くに寄ると芳醇な良い香りがします。
ムスクやフルーツ系の濃厚なオールドローズ香だそうです。


IMG_5135 (1)


5月3日、花びらの巻が面白くなってきました。


IMG_4419 (1)


4月末、もう一輪上の方で蕾がピンクに色づいていました。


IMG_4999 (1)


5月2日 7時54分、こちらはカップ咲きみたいな花形です。


IMG_5035 (1)


同日、17時33分 夕方少し咲き進んで美しくなってきました。


IMG_5137 (1) 


5月3日 7時47分 ロゼット咲きに変化していました。 
強香なので朝のひんやりした空気に良い香りが漂って心地良いです。


   IMG_5096_20110503012159.jpg

Jacques Cartier (ジャック  カルティエ)
ポートランド系オールドローズ
カナダを発見したフランスの探検家に因んで名前が付けられたそうです。
 
カルティエの葉は他のバラと比べると緑がソフトです。
板塀に誘引して3年目ですが、今年は蕾が50以上ついていますので
花がたくさん咲きそうです。

My Favorite Jazz

Dave Valentin    Crystal Silence

George Duke     After Dinner Drink

Lou Rawls     We keep getting closer to...

ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg

(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/04(水) 08:23:38|
  2. Jacques Cartier (OR)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ノムラモミジ 、月桂樹 & ハナミズキ

IMG_3415.jpg


野村楓(ノムラモミジ)
学名 Acer palmatum var. amoenum cv. Sanguineum
カエデ科カエデ属 落葉広葉樹


IMG_3940 (1)


陽射しを透かして葉の裏から撮ると
赤い葉が燃えるように鮮やかです。



IMG_3963_20110430211808.jpg


春と秋には紅葉して濃い赤紫になり
夏には緑になります。


IMG_3812 (1)


月桂樹
学名 Laurus nobilis
英名 Bay leaf,  Laurel
クスノキ科ゲッケイジュ属の常緑高木


IMG_3811 (1)


淡い黄色い花がたくさん咲いて、芳醇な香りが漂っています。
葉は乾燥させて香辛料(ローレル)として
カレーやシチューなど 入れます。   


IMG_4177 (1) 


ハナミズキ
ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木
学名 Benthamidia florida
英名  Dogwood

ハナミズキのピンクの花も開いてきました。
  

IMG_4922 (2)


チューリップはカットしてとりあえずジョウロに・・・


IMG_5100 (1)
 
チューリップの向こうにメルが座っていました。
お腹もいっぱいになって眠たそうですね。
Have a sweet dream. (zzz......)


My Favorite Jazz

Barry Harris      I'll Keep Loving You

Dianne Reeves     We'll Be Together Again

Oscar Castro-Neves     Pensando



ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg

(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

  1. 2011/05/02(月) 14:12:29|
  2. My garden
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。