Daddy's Garden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lovely roses in the summer breeze

IMG_7757 (1) 


Ghislaine de Feligonde (Rambler Rose)
ギスレーヌ  ド フェリゴンド(Ramb)
作出者 Eugene Turbat (仏)

地植えにして3年目、ようやく株が充実してきたようで
咲き進むと浅いシャローカップの中の花弁が
見事なクォータロゼットに巻いて美しい花形を楽しめるようになってきました。



IMG_6191 (1)


5月中旬から一番花が咲き始めました。


IMG_9838 (1)


棘が無いので犬小屋の近くに植えています。


IMG_8100 (1)


淡いアプリコットピンクの花は
一見、English Heritage(ER)の雰囲気です。


 IMG_7849 (1) 


爽やかで甘いムスクの香りが心地良いです。 


IMG_8108 (1) 


犬が勝手に庭に出てこないために
4枚のアイアントレリスを横に組み合わせ作ったてフェンスに
つるバラらしく絡んできました。


IMG_9174 (1) 


犬小屋側から庭に向けて撮った画像です。


IMG_7823 (2)


庭側から逆に撮った画像です。


 IMG_9837 (1)  


6月末には二番花が咲き始め
今朝(7月3日)も蕾がいくつか上がって来ていました。

ところで、他のサイトでこのバラを見ると花形も色も違うので少し心配になってきました。
3年前にDavid Austin社から購入して送られてきた時に
Ghislaine de Feligondeのタグが株に付いていました。

私はEnglish Heritage(ER)のような気がしてきました。
どなたかお分かりになる方教えてください。 


My Favorite Jazz

(右クリックで新しいウィンドウを開くと音楽を聴きながらブログをご覧頂けます)

Masaru Imada Nowin -  Mint Breeze

Joe Sample & Lalah Hathaway - One Day I'll Fly Away

Hiroshi Sato  -  I can't wait

ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr

スポンサーサイト
  1. 2011/07/03(日) 11:46:41|
  2. Ghislaine de Feligonde(Ramb)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Ghislaine de Feligonde(Rambler Rose)

IMG_9785.jpg 

 

 

Ghislaine de Feligonde (Rambler Rose)

ギスレーヌ  ド フェリゴンド(Ramb)

作出者 Eugene Turbat (仏)

IMG_9650.jpg 

 

 

8月もそろそろ終わりです。

真夏の暑さに負けずに、いろいろなバラが元気に咲きました。

ギスレーヌ  ド フェリンゴも中旬にかけて小ぶりの可憐な花を咲かせました。

 

 

IMG_9646.jpg 

IMG_9746_20090829222752.jpg 

 

 

 ハイブリッド ムルティフローラ系の

ランブラーローズ(Rambler Rose)です。

ハイブリッド ムルティフローラ(Hybrid Multiflora=HMult)

ロサ・ムルティフローラ(ノイバラ)が交配親 

 

 

IMG_9757.jpg 

 

 

浅いシャローカップ咲きの淡いアプリコットピンクが可愛い花です。

 

 

IMG_9782.jpg 

 

IMG_9784.jpg 

 

IMG_9761.jpg

 

 

枝が太く直立性で伸びるクライミングローズ(Climbing Rose)と違って

ランブラーローズは細くしなやかに伸びるので誘引し易いつるバラです。

 

IMG_0313.jpg 

 

ギスレーヌ  ド フェリンゴの近くにジューンベリーを植えていますが 

明後日から9月というのに白い花が咲いています。

10日くらい前にはエゴノキの花も咲いていました。

天候が不順なせいでしょうか・・・?

 

ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

 blogmura-d2.gif  (バラ園芸ブログ) 

 

  1. 2009/08/29(土) 23:47:13|
  2. Ghislaine de Feligonde(Ramb)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ghislaine de Feligonde (Rambler Rose)

 IMG_9329.jpg

 

 

Ghislaine de Feligonde (Rambler Rose)

ギスレーヌ ド フェリゴンド(Ramb)

作出者 Eugene Turbat (仏)

 

 ハイブリッド ムルティフローラ系の

ランブラーローズ(Rambler Rose)です。

ハイブリッド ムルティフローラ(Hybrid Multiflora=HMult)

ロサ・ムルティフローラ(ノイバラ)が交配親

枝が太く直立性で伸びるクライミングローズ(Climbing Rose)と違って

ランブラーローズは細くしなやかに伸びるので誘引し易いつるバラです。

棘がほとんど無いので、犬小屋の近くのフェンスに誘引しています。

 

 

 IMG_6029.jpg

 

 

咲き始めはひ弱ですが

咲き進むと綺麗なカップ咲きになり

その後、ロゼット咲きに変わっていきます。

 

 

IMG_5479.jpg 

 

IMG_5506_20090701204834.jpg 

 

IMG_8688.jpg

 

IMG_9344.jpg

 

 

デビッド オースチン社でも販売しているので

最近までイングリッシュローズだと思っていました。

 

 

IMG_6527_20090701205035.jpg 

 

石鹸の残り香のようなムスクの良い香りがします。

 

 

  IMG_6553.jpg

 

 

6月末に二番花が咲きましたが

花数は多かったですが、少し小ぶりでした。

 

 

IMG_9367.jpg 

 

 

5月の末、ジューンベリーとロベリアをバックに撮った

一番花のギスレーヌ ド フェリゴンドです。

それにしても覚えにくい名前ですね。

  

ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

 にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 

  

  1. 2009/07/02(木) 10:50:39|
  2. Ghislaine de Feligonde(Ramb)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。