Daddy's Garden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暑中お見舞い申し上げます。 (You've changed)

IMG_5273 (1) 


ツマグロヒョウモン
(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius
チョウ目タテハチョウ科(ヒョウモンチョウ族)
 英名 Indian Fritillary
8月に入ってツマグロヒョウモンのメスが庭によく遊びに来ます。
おそらく、先月パンジーの所にいた幼虫が成虫になったのでしょう。
幼虫の写真は撮っていないのですが
黒い芋虫でオレンジ色の一本のラインとピンクのトゲトゲの突起があります。


IMG_5252 (1) 


葉の裏側などにつかまって、翅をたたんで庭でお泊りをします。
翅を閉じた状態でオス・メスの区別は難しいですが
僅かに見えるピンクの部分があるのがメスではないかと思います。


IMG_5276 (1) 


画像では分かりづらいと思いますが
板塀に映るバラの葉の黒い影も素敵でした。


IMG_5281 (1) 


翌朝、暫くの間
翅を広げ朝日を浴びてじっとして
体を温めたり、翅を乾かしているようでした。

メスの特徴は上の画像のとおり
翅の先に白い模様が入ります。
オスには白い模様がありません。


IMG_5439 (1) 


二日後、リビングから庭を見ていると
ひらひらと飛んでいるオスの姿を見つけ
カメラをチェックして急いで庭へ・・・
ラッキーなことにバードバスに止まってくれました。
翅を閉じた状態でメスはピンクの部分がありましたが
オスのその部位はオレンジ色のようにみえます。


IMG_5450 (1) 


気を許してくれたのか、翅を広げてくれました。
ご覧のようにオスはオレンジの翅に黒い豹文だけでシンプルです。


IMG_5462.jpg 


陽射しで翅が温まってきたようでリラックスしはじめました。


IMG_5465_20110806091034.jpg 


カメラとの距離は30㎝もないと思いますが
不思議と逃げません。
やっと蝶に認めてくれたのでしょうか・・・?


IMG_5468.jpg 


顔も撮らしてくれて、アイコンタクトもできました。
なかなかイケメンでしょ・・・


IMG_5472 (1)

その後、粉粧楼(OR)に止まって
Francis Blase(FL) やJubilee Celebration(ER)など
バラの花から花へと止まって、どこかへ飛んでいきました。

My Favorite Jazz
(右クリックで新しいウィンドウを開くと音楽を聴きながらブログをご覧頂けます)

Fabrizio Bosso & Dianne Reeves With Strings  -  You've changed

Yoshiko Kishino  -   The Island 

 
Bobby Caldwell   -  Smile


ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr


スポンサーサイト
  1. 2011/08/06(土) 21:32:56|
  2. Bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

真夏の夜の出来事

IMG_4925 (1)
taken on July 27 at 18:55

今年もクマゼミの羽化が始まっています。
羽化は夕方から夜間の間に行われます。
背中が割れて約1時間くらいで脱皮して
透明の薄い緑の翅が出来てきます。


IMG_4923 (1) 
on July 27 at 18:54

キングローズを誘引しているアイアントレリスにしがみ付いています。


IMG_4929 (1)
on July 27 at 18:56

緑の部分が翅になります。


IMG_4932.jpg
taken on July 27 at 18:58

だいぶん出てきました。
目の上の太い眉毛どこかで見たことがありませんか・・・
なんだかタレントのイ〇〇みたいですね。


IMG_4942 (1)
on July at 19:13



IMG_4946 (1)
taken on July 27 at 19:38

約30分後には殻から出て淡い緑に透けた翅を広げていました。


IMG_4953 (1)
taken on July at 18:44

この時も落ちないように、しっかりとしがみ付いて
美しい透明の翅を広げて乾燥させているようでした。

IMG_4956 (1)
taken on July at 19:44

フラッシュが翅に反射してキラキラ綺麗です。
透けた翅はまるで涼やかな夏着物の絽のようです。


IMG_4960 (1)
taken on July 27 at 19:46

体はまだアルビノ(白い)ですが、時間が経つとクマゼミらしく黒っぽくなります。

IMG_4961.jpg
taken on July 27 at 19:46

これで羽化はどうやら無事終了のようです。


IMG_4985 (1)
taken on July 28 at 9:32

翌朝、抜け殻から少し離れて、アイアントレリスに移動していました。
この後、近くのケヤキの方へ飛んでいきました。

7月中旬頃から、毎朝7時半になると庭のクマゼミ達が一斉に鳴き始めます。
窓を開けているとテレビの音声が全く聴き取れなくなります。
その賑やかなモーニングコーラスは、今日も暑い一日を予感させます。

My Favorite Music
(右クリックで新しいウィンドウを開くと音楽を聴きながらブログをご覧頂けます)

Kenny Rankin   -   Haven't We Met

Rupert Holmes   -   One Born Every Minute

Seal   -   If You Don't Know Me By Now

ご覧頂きまして有難うございます。
少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr



  1. 2011/07/29(金) 10:34:00|
  2. Bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Inn for bugs

IMG_1812 (1) 


私の庭を定宿にしているナミアゲハです。


IMG_1817 (1) 


夕方早めにチェックインして、しばらく翅を広げていますが
暗くなってくると、翅を閉じて朝までその場所で休みます。
朝になるとまた翅を暫く広げて、チェックアウトして飛んでいきます。


IMG_1878 (1)


ウメの木を寝床にしているウメエダシャク
 黒い翅に白い模様が特徴で、飛び方はなんだかぎこちないです。
今年、大発生しています。


IMG_8500 (1) 


オオシロオビアオシャク
6㎝くらいの緑の翅に白い波模様の蛾を初めて見ました。
ネットでやっと名前が分かり、スッキリ・・・
バベ(ウバメガシ)の葉に止まって上手くカモフラージュしていました。


IMG_1397 (1) 


イチジクヒトリモドキ
昨年はエゴノキの葉に止まっているのを見つけましたが
今年はヤマボウシの葉の裏に止まっていました。
昨年の画像は
こちらです。


IMG_1745 (1)


今年もヤママユガ科の大型蛾のシンジュサンが
ソシンロウバイの枝でお泊りしていました。
サイズは13~14cmくらいでした。
 

IMG_1747 (1)



昨年はバラを誘引している板塀に止まっていたので撮りやすかったのですが
今年は葉や枝が邪魔で上手く撮れませんでした。


IMG_1752 (1) 


葉を少しカットして、下から逆光で透けた感じに撮れました。
昨年の画像は
こちらです。


IMG_2636 (1)


オルレイアの種子の上でシジミチョウが翅を休めていました。 


IMG_2670 (1)


今朝(6月24日)は朝から気温が高く蒸し暑くなりました。
庭に出るとパンジーを植えているアイアン篭の中で
ツマグロヒョウモンのメスが止まっていました。
美しいヒョウ柄が特徴です。


IMG_2677 (1)


こちらに気が付いたようですが、なかなか逃げようとせずに 
パンジーの中で動き回っていました。
よく見ると卵をパンジーに産み付けていました。
ツマグロヒョウモンの幼虫はスミレやパンジーが大好物です。


IMG_2699 (1) 

翅を広げると外側のヒョウ柄と違って、オレンジ色に黒や白い模様が美しいです。
オスのこの面の翅はオレンジに黒い模様だけで地味です。

My Favorite Music
(右クリックで新しいウィンドウを開くと音楽を聴きながらブログをご覧頂けます)

久石譲 -  人生のメリーゴーランド(ハウルの動く城)

西村 由紀江  - 六月の風に抱かれて

松岡直也&WESING  - THE WIND WHISPERS


ご覧頂きまして有難うございます。

少しでも癒しになれば幸いでございます。

IMG_4268abl.jpg 
ワンクリックして頂ければ有難く思います。
(ブログ村バラ園芸)

flickrのサイトはこちらでご覧頂けます。
Kazz17's photostream flickr


  1. 2011/06/24(金) 23:33:17|
  2. Bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コムラサキ

 IMG_6623bfc.jpg 



木陰の中に蝶を見つけました。
最初はツマグロヒョウモンかなと思いゆっくりと近づきました。



4963552765_390909e65f.jpg 



その蝶はひらりと飛んで少し移動しました。
ツマグロヒョウモンのオスとは翅の柄が違いました。
私の庭では今まで見かけない蝶で、タテハチョウのなかまのようです。


4964103292_aa5af79859fc2.jpg



幸い近づいてもあまり逃げようとしないので
何枚か写真を撮ることが出来ました。



4963571569_5e11db82c8.jpg 



カメラを向けると、まるでモデルのようにいろいろポーズをして
なんだか写真を撮ってもらいたいようでした。


4963526879_e098efd6de.jpg



後でPCで調べると、どうやらコムラサキのメスらしいです。
オスは翅が青紫で大変綺麗です。
コムラサキは柳が好きだそうですが
近くにタテハチョウ科の好きなホトトギスを植えているので
いつかオスの綺麗な姿を見ることが出来るかもしれません。



ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

IMG_4268abl.jpg 

(ブログ村バラ園芸) 

最新の画像はflickrのサイトでご覧頂けます。

Kazz photostream flickr

  1. 2010/09/07(火) 00:32:00|
  2. Bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蝶とトンボ

IMG_9687.jpg 

 

 

昨晩、深夜2時半頃に目が覚めて

眠気眼でペルセウス座流星群を10分くらい捜していました。

祈る想いでなんとか3つ見る事ができました。

夜中に何時間も上を向いているのが辛くなりました。

 

 

IMG_9704.jpg 

 

 

今朝、庭に久しぶりにツマグロヒョウモンのメスが舞っていました。

急いでカメラを持って庭へ・・・・

バラの葉の上に止まっていました。

 

 

IMG_9720.jpg 

 

 

近づいても逃げる様子が無く

翅を開いたり閉じたりしていました。

 

 

IMG_9724.jpg 

 

 

ツマグロヒョウモンはパンジーが好きなのですが

バラにも興味があるのでしょうか・・・?

和名 ツマグロヒョウモン

学名 Argyreus hyperbius

英名 Indian Fritillary

 

 

IMG_7748.jpg 

 

 

別のバラには翅を開いたナミアゲハがいました。

和名 ナミアゲハ

学名 Papilio xuthus

英名 Asian Swallowtail

 

よく見ると、トンボも仲良く止まっていました。

 

 

IMG_7749.jpg 

 

 

どうやらムギワラトンボ(シオカラトンボのメス)のようですね。

和名 ムギワラトンボ

学名 Orthetrum albistylum speciosum

英名 Common skimmer

 

 

IMG_7751.jpg 

 

 

 昨晩は庭でお泊りしたようですね。

こちらも逃げる様子が無く

早朝なのでまだ、リラックスして休んでいるようでした。

 

ご覧頂きまして有難うございます。

ワンクリックして頂ければ幸いです。

 blogmura-d2.gif  (バラ園芸ブログ) 

  

  1. 2009/08/13(木) 23:50:37|
  2. Bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。